女性

突然の心臓発作を回避できるAEDを設置しよう

  1. ホーム
  2. 人命救助のマストアイテム

人命救助のマストアイテム

AED

多くの命を救うもの

人が目の前で倒れたとき、あなたはしっかり人命救助をする自信があるでしょうか。ある日突然、心筋梗塞や脳卒中などで人は急に死んでしまう可能性があります。もし、通勤の途中や町を散歩している途中にそのような場面に出くわした場合、少しの人命救助に関する知識を要するだけで、その人の命を守れるかもしれません。医療の技術が進歩した現代では、近年AEDと呼ばれる医療の現場でよく使われる除細動機を簡易化したものが発明されました。このAEDの存在で、心肺蘇生が簡易にできるようになりました。人は呼吸が停止してしまうと、約1分で意識を失ったり、仮死状態に陥ってしまいます。また、そのような状態が数分から約10分程度で、心肺が停止してしまい、仮にこのような状態で自発呼吸を取り戻せたとしても、脳や体になにかしらの後遺症が残ってしまう確率が高くなってしまうのです。その為、人が気を失って倒れてしまった状況に遭遇してしまった時に、近くにいる人による迅速な救命措置がその人の命を守る行動になります。その為には、日頃からAEDの設置場所を知ることに迅速な対応ができます。また、今後の課題としてはAEDの設置箇所を増やすといったのも、人の命を救うためには必要な行動なのかもしれません。特に、コンビ二やスーパーマーケットなどの人が日頃行く場所などに設置をすることにより、AEDが必要な急な場面に遭遇しても、落ち着いてAEDを取りに行くことができるので、コンビ二などには設置をしておきたいところです。また、企業などでもビル内に設置しておくことで、社員に何かあった場合でも素早く処置することができます。そのため、企業でもビル内に設置することを検討してみるとよいでしょう。