男性

突然の心臓発作を回避できるAEDを設置しよう

レディ

大事な備え

AEDはご家庭や企業の双方において導入が多くなっている装置です。導入の方法として、購入する以外にもレンタルという手段が存在します。設置の際には場所に注意しましょう。相談窓口やガイドラインも存在するので、把握することが大切です。

AED

人命救助のマストアイテム

人命救助のマストアイテムとして近年誕生したAED。まだ設置箇所は多くはないものの、今後、コンビ二やスーパーなど、どんな場所でも対応出来る場所に設置をすれば、多くの人命が救えるかもしれません。また、そのようなAEDを使う場面に遭遇しても、落ち着いて救助活動ができるようにする必要があります。

スーツ姿の人達

定期点検する

AEDにはセルフチェック機能がついていて、チェックした結果を画面に表示します。画面を見れば異常があるかどうかわかるので、担当者を決めておき定期的に結果を確認するようにしておくと良いでしょう。バッテリーの残量や電極パットの使用期限も見ておく必要があります。

救命しながら節税もできる

女性

レンタルもあります

町中でAEDを多く見かけるようになりました。特に保育園、幼稚園や学校、駅など公共施設では設置率が高いことから多く見かけます。その次に多い場所としてショッピングモールやデパートなどたくさんの人が集まる場所には設置されていることが多いです。設置する一番のメリットといえば、やはり助かるひとを「救命できる」ことにあります。突然の心肺停止に遭遇した場合に目撃者がその場で救命することができるのは大きなメリットです。いつでもだれにでも起こる可能性がある疾病で、AEDがあれば救命率があがることが証明されていますので学校などの公共施設で導入が進むのも納得です。使い方も難しいことはなく状態をAEDが判断し、鮮明な音声指示とディスプレイ常時で適切な救命処置に導きます。使う方には不安もあるかと思いますが誘導通りに使えば必要な時には必要な処置を指示してくれます。AEDの購入、リース、レンタルを検討する企業は年々増えています。企業でAEDを導入するメリットはリースやレンタルなら簡単に経費として処理できますから、結果節税に繋がることがあげられます。購入になる場合には10万円以上となるため、設備となり資産になりますから減価償却が必要となり少しややこしくなりますが、購入、リース、レンタルどちらにしても税金面でメリットがあります。節税しながら設置場所の近くにいる従業員やその他地域の方のお役に立つ可能性も高くなりますので導入する企業が増えるのも納得です。